FEATURE えひめ住販のつくる家

健康な毎日を守る

イメージ:健康な毎日を守る

家族の健康は、よい家づくりから

健康の第一歩は、よい家づくりをすること。
私たちは高性能な家づくりを通して、快適な暮らしと家族の健康を守ります。

“夏は涼しく、冬はあたたかい”
快適で健康的な家づくり

イメージ:“夏は涼しく、冬はあたたかい” 快適で健康的な家づくり

急激な温度差は人間の体にとって毒。
しかし、服を着込んだり、エアコンをたくさん設置したりするだけでは、根本的な解決は望めません。

健康的な暮らしを実現するためには、そもそもの家の性能をしっかり高め、家全体の温度差を極力小さくしておくことが重要なのです。

えひめ住販のつくる家は、
“夏は涼しく、冬はあたたかい”家。
エアコンに頼らずとも快適な空間が広がるような気密性能・断熱性能にこだわった家で、家族の健康を未来まで支えます。

熱を入れない・逃がさない“断熱性能”

イメージ:熱を入れない・逃がさない“断熱性能”

夏場、外の暑い空気は中に入れたくない。
冬場、暖房をつけてあたたかくなった空気は逃したくない。

一見矛盾しているように聞こえるこれらを実現するために必要なのが、断熱性能です。
断熱性能を高め、熱の流入出を極力防ぐことで、外の暑さや寒さに影響されない、年中快適な空間を作り出すことができます。

断熱性能を高めるために特に重要なのが、“窓”
えひめ住販では窓にこだわることで、UA値※0.46以下にすることを目標としています。

断熱性能の差を例えるならば、「断熱性能が低い家の壁を温州みかんの皮とすると、えひめ住販の家の壁ははっさくの皮くらい厚い」とイメージしてもらえると、少し分かりやすいかもしれません。

イメージ:断熱性能が低い家の壁を温州みかんの皮とすると、えひめ住販の家の壁ははっさくの皮くらい厚い

※UA値 … 建物の中から外にどれだけの熱量が逃げるのかを示した数値のこと。

隙間は小さく“気密性能”

イメージ:気密測定の様子

気密測定の様子

断熱性能が高くても、家の壁が穴だらけでは意味がありません。熱を断つ力はあるのに、穴から熱が逃げ放題・入り放題となってしまいます。

そこで断熱に加えて必要なのが、気密性能。
えひめ住販ではC値※1以下を目標としており、名刺1枚分ほどの隙間も無いような気密性の高い家に仕上げます。

また、全棟で必ず気密測定も実施しております。自分たちが建てた家の実力を必ずみんなで確認し、納得のいく性能を備えた家をお客さまへご提供しております。

※C値 … 住宅における相当隙間面積のこと。

このページのまとめ

  • 急激な温度差は人間の体にとって毒。健康の妨げに。
  • えひめ住販のつくる家は、“夏は涼しく、冬はあたたかい”家。
  • 窓にこだわることで、UA値0.46以下の高断熱を目指します。
  • 高断熱の効果を軽減させないよう、C値※1以下の高気密を目指します。
    全棟で必ず気密測定を実施!

CONTACT US えひめ住販へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
Tel.089-997-7230 営業時間 9:00〜18:00

愛媛不動産情報ナビ株式会社
〒791-1113 愛媛県松山市森松町1035-1 [アクセス]
FAX 089-997-7231
MAIL info@ehime-estate-navi.com