【号外】太陽光発電固定買取制度 (10年間)申請終了まで後?ヶ月

FIT申請最終期日迫る!!

太陽光発電のFIT固定買取制度が ... 終わります。

とても安心で安定的な国策であった 10年間もの間、地元の電力会社に 太陽光発電の電気の買取を義務付けた制度の終了がもうすぐです。

なぜなら、添付の書類をご確認ください。 経済産業省の資源エネルギー庁が 11月27日に発表した資料です。

27年度末認定アナウンス資料

資料のように平成28年1月29日までに 申請を終わらせないと、
現在の買取価格kw当たり35円 での固定価格での買取適用は難しいとの 回答の書類です。

また、平成28年4月以降は 電力が完全自由化されます。 地元1社からの電力の購入であったものが、 どこからでも購入できるようになるわけです。

ですので、電力の売買も自由になるので、 長期の固定買取を地元電力会社に 義務づける必要もなくなります。

そうなると

①長期間の固定価格の買取がなくなる

②買取価格も自由競争になる。

③現在の高額な買取金額より下がる可能性も出てくる。

解説すると、 ①10年の買取期間が→→1~2年の契約に変わる。

②③ グリットパリティ(再生可能エネルギーによる発電コストが既存の電力のコスト (電力料金、発電コスト等)と同等か それより安価になる点(コスト)を指す) を目指すので、現在の35円の価格~ 約24円位に下がるとも言われています。 もし、今の買取価格ではなくなり、 来年度以降になれば 約1,300,000円以上も損をする場合が 考えられます。

ではどうすればいいか!?

もう諦めるしかないの?

いやいや。 安心してください。大丈夫ですよ。

まずしないといけないことは、

①あなたが住みたい場所・ エリアを教えてください。

②愛媛住販が一緒に土地探しの お手伝いをいたします。

③その中で土地を厳選し、 まず屋根の大きさ(太陽光発電 を何kw搭載するか)を決めましょう。

④それで、余裕をもって1月25日くらい までに申請を行います。

でも、それよりも、 弊社、愛媛住販にご相談してください。 メール及び電話をお待ちしています。 愛媛住販のモデルハウスで ご相談希望は下記ページよりお申込みお願いいたします。

morimatsu_inquiry

このページのトップへ